石田ゆり子は頭悪い?ポンコツで可愛い一面や数々の炎上がヤバい

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これが仕事なのに、こんなこと言われると悲しいと声があがり、炎上してしまったのです。

まぁ~石田ゆり子のような有名人がこんなことを投稿すると営業妨害?と思われても仕方ないでしょうねw

石田ゆり子はその後にこちらの投稿を削除。

きちんと訂正文を投稿しました。

きのうの投稿、削除いたしました。色々考えましたが…。しかしわたしは接客すべてを全否定など全くしておりません。

そういうことじゃなく日々のおもったことを書いただけなのですが。…きをつけますね。

たくさんのご意見ありがとうございました。

石田ゆり子はやっぱり律儀ですね~

まぁ学習してSNS頑張ってください!と思ったら…また炎上したしまったのですw

石田ゆり子が記者に苦言で炎上

お次は石田ゆり子がある記者からインタビューを受けた際のこと。

その記者からの質問が全てSNSを由来とするものばかりだったことで、石田ゆり子はもやっとしたよう。

インスタを見てくれているのは有り難いとしながらも、ネットをあまりに頼りにされるととても寂しい気持ちになると苦言。

まぁ確かに相手もプロの記者なんですからね~

一般人と同じようなミーハーな質問ばかりじゃちょっと…って感じますよねw

しかし、その投稿を見た世間は「記者が傷つく」やら「かわいそう」などと批判する人も一部おり、またも炎上w

石田ゆり子はあまり悪くない出来事ですが、公で苦言を呈すことは下手したら炎上に繋がるということを前に勉強したはずなのに…またやっちゃうところがポンコツなのかもしれませんw

石田ゆり子が預かった子猫で炎上

さらに、もう1つ。

石田ゆり子は動物愛護の精神をもっていることはとても有名な話。

とくに、猫への想いがとても強いようです。

そんな石田ゆり子が動物病院で保護されていた真菌と風邪を患っていた子猫を預かることになったそう。

石田ゆり子はそれから自身のインスタに保護子猫の画像を投稿。

ほかの猫たちとは隔離して献身的に看病を行っていたようです。

しかし、石田ゆり子はどういう訳か子猫に成猫用の「ちゅ~る」をあげる動画を投稿。

確かにかわいいけれど!!!

ちなみに、「ちゅ~る」には子猫用もあります。。

そんな病気がちな子猫にどうして成猫用のしかもおやつをあげてしまったのか…

それを見た猫好きが石田ゆり子を批判!

またもポンコツっぽい事柄で炎上することとなったのですw

しかし、この子猫ちゃんに関する炎上はまだ続いています。

なんと石田ゆり子の保護子猫が急変し、突然亡くなってしまったのです。

石田ゆり子は大変悲しみ、きちんとお通夜も行いました。

看病を頑張っていた石田ゆり子にとって、本当に心から辛い別れになったでしょう。。

その悲しみが大きすぎたからか、石田ゆり子は驚きの行動に出てしまったのです。

それは子猫の遺体が入れられている箱が写っている写真をインスタに投稿してしまったのです。

それを見た世間は「そこまでする必要があるのか」とプチ炎上。

悲しみはわかりますが、ちょっとやりすぎだったかもしれませんね…

人のお葬式を画像でSNSに投稿することなんてあり得ませんし、動物でも一緒です。。

元気だったときの画像とメッセージで留めておけばいいものを…しかし、石田ゆり子はきっと悪気なんてサラサラないはず!

だから、ポンコツや頭悪いなんて言われてしまうのかもしれませんね~

ポンコツもある程度で留めておけば可愛いですが、ここまでいくと周囲が大変かなと思います。。。

まとめ

今回は石田ゆり子の頭悪いエピソードをご紹介しました。

頭悪いというと、とてもネガティブに聞こえますが、ポンコツというと少し可愛く思えますねw

石田ゆり子の頭悪いエピソードはポンコツだな~と笑えるものから、いや…これはまずいでしょ…という笑えないものまでありました。。

今後は可愛いポンコツで留めていただいて、頭悪いなんて言われないように気をつけてほしいものですねw

これからの石田ゆり子の活躍も応援していきましょう~

1 2 3 4
ページトップへ