石井杏奈の血まみれ姿にドッキリ!映画最新作で見せた迫真の演技は?

映画 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おお~本当に血まみれ…

一体何があったんだ?

その詳細は後ほどご紹介したいと思います。

中川大志・石井杏奈主演の「砕け散るところを見せてあげる」とは?

まずは、血まみれでドッキリしたこの映画のご紹介から行っていきましょう。

映画「砕け散るところを見せてあげる」は竹宮ゆゆこの小説が原作となった物語。

映画化のために日本映画界の“異才”SABU監督がメガホンをとりました。

ちなみに、SABU監督は芦田愛菜が出演した「うさぎドロップ」などの監督を担当し、俳優としても活動しています。

では、ここで少しだけ映画「砕け散るところを見せてあげる」のストーリーをご紹介します。

こちら。

どこにでもいる高校生の濱田清澄は、“学年一の嫌われ者”と呼ばれて孤立していた一年生の蔵本玻璃を、いじめの手から救い出そうとする。清澄は玻璃の愛らしさと心の美しさに気づき、玻璃は清澄に感謝と憧れの想いを抱き、二人は心の距離を縮めていく。だが、玻璃には誰にも言えない秘密があり、玻璃を守り抜こうとする清澄にも〈恐るべき危険〉が迫る─。

これを読むと普通のいじめの物語のようですね。

予告もご覧頂くとその壮絶な感じがよく伝わってくると思います。

どうぞ。

よく見ると、石井杏奈が血まみれになっていることがわかります。。

いじめられて血まみれになったのか…??

迫真の血まみれシーンの理由は?

じつは、この映画、単純にいじめをテーマにした映画ではないようです。

原作の場合、驚きの大どんでん返しがあります…

私もちょっと調べたのですが、かなりハラハラドキドキの展開になっていました。

1 2 3 4
ページトップへ