全国高校総体中止の影響で各地代替大会を検討!各都道府県の動向は?

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの影響でオリンピックパラリンピックのみならず、全国高校総体(インターハイ)の中止まで余儀なくされてしまいました…中止の影響で各地代替大会を検討!各都道府県の動向は一体どんな感じなのでしょうか?

全国高校総体中止!史上初

新型コロナウイルスの影響で、オリンピックパラリンピックが延期となり、大きな衝撃を与えましたが…

なんと全国高校総体(インターハイ)までも中止の発表が行われました。

全国高校総体といえば、スポーツを志す学生たちにとって、最後の目標であり、頑張ってきた成果を披露する場でもあります。

それが中止とは…なんともいたたまれない気持ちになりますね。。

しかし、そんな学生を助けるべく、各地で代替大会の開催を検討しているというのです。

今回は全国高校総体中止の影響により、各地で検討されている代替大会についてご紹介していきます。

全国高校総体中止を発表

まずは、全国高校総体が中止に至った経緯をご紹介しましょう。

新型コロナの影響で全国高校総体が中止を発表したのは、2020年4月26日のこと。

全国高校総体が中止になったのは、昭和38年から始まって以来の出来事となりました。

中止を決めた全国高等学校体育連盟は中止理由として、「国内の新型コロナウイルスの感染者が1万人を大きく超え収束には相当な時間がかかると言われていること」、「競技中だけでなく移動や宿泊などによる感染リスクが大きく選手をはじめ大会関係者の安全や安心を確保することが難しいこと」、「学校の休校で十分な練習時間を確保するのが困難であること」などをあげました。

さらに、4月に出された緊急事態宣言により、予選大会を行えなかった地域もありそれに関するスケジュールの変更も難しいと言われていました。

今年の全国高校総体はオリンピックパラリンピックと重なることで、当初から異例の日程調整が行われていましたが、今回中止となってしまったことは本当に残念で仕方ありませんね…

1 2 3
ページトップへ