テラスハウスの出演者・木村花が死去。次々と明かされる裏側が闇

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テラスハウスの出演者であった木村花が2020年5月23日に亡くなったことが発表されました。その理由は視聴者による誹謗中傷とも考えられています。木村花の死後、次々と明かされる裏側…闇が深すぎる。他出演者への批判まで。

テラスハウス出演者・木村花が死去

恋愛リアリティー番組「テラスハウス」。

ネット上でも度々注目され、リアルな恋愛模様を見て楽しむ視聴者が激増していました。

こういった番組は「あいのり」「バチェラー」など度々ヒット番組として有名になっていますが…

今回、取り返しのつかない悲しい事件が起きてしまったのです。

2020年5月23日、「テラスハウス」出演者の木村花が死去。

自殺とみられています。

今回は「テラスハウス」出演者の木村花の事件について、ご紹介していきたいと思います。

木村花が自殺でネット上は騒然

5月23日午前3時半頃、木村花は自宅でガス自殺を図り亡くなったとされています。

享年22歳でした。

木村花は女子プロレス界でも将来有望の若手で、いつかは日本のみならず、世界へいくと期待された人材でした。

そんな木村花は2019年9月からプロレス界を盛り上げようとしてか「テラスハウス」に出演。

悪役キャラとして出演していたようです。

ネット上でも知名度の高い人物だっただけに、木村花の訃報が流れると衝撃を隠せない人が続出。

多くの人が木村花の死去を悲しみました。

どんどん死去の詳細が明かされるにつれ、悲しみから悔しさや怒りが大きくなり、SNSではネット上の誹謗中傷について考えるつぶやきが多く見られるようになりました。

テラスハウスの出来事で木村花が誹謗中傷を

そう。

木村花はネット上の誹謗中傷が原因で自殺したと見られているのです。

亡くなる直前に、木村花はアンチが自分へ送ってきた誹謗中傷のリプに「いいね」を押していました。

これってかなり意味深ですよね…

木村花になぜしつこいアンチが生まれたのかと言うと…「テラスハウス」内のコスチューム事件がきっかけになっていたようです。

木村花は女子プロレスラー。

リングで着用するコスチューム衣装をとても大切にしていたといいます。

そんななか、木村花が洗濯機に自分のコスチューム衣装を置き忘れてしまいます。。

それを知らずに、「テラスハウス」で共に生活する男性メンバーが自分の洗濯物と一緒に洗ってしまったそう。

乾燥までかけてしまった結果、木村花のコスチュームは縮んで着られなくなってしまいました。

それを知った木村花は男性メンバーに激怒!

かなりイラだった様子で男性メンバーに詰め寄り、周囲は重苦しい雰囲気となってしまったのです。

「テラスハウス」には台本は一切ないと紹介があるのですが…まぁテレビの世界。

こういったハプニングは演出によって作られていると考えるのが普通ですよね。

にも関わらず、これが完全なリアルだ!と思い込んだアンチファンたちが束になって木村花を誹謗中傷。

1日に100件ものアンチコメントで木村花のSNSは大炎上となっていたようです。

木村花が自殺する数日前には、コスチューム事件の放送回が再放送され、さらに多くの人から誹謗中傷を受けることになったのです。

木村花の死後、他出演者に批判殺到

木村花はアンチの誹謗中傷に心傷つき、自殺という悲しい道を歩んでしまったのでしょうか。。

そんなこんなで、ネット上で多くの人が誹謗中傷に反対!

「もうそんなことやめよう」と多くの人が声をあげていた一方で、「テラスハウス」のスタジオ出演者に批判が殺到するという負のループが巻き起こってしまったのです。。

コスチューム事件の際、スタジオにいた山里亮太、アジアン馬場園梓らが木村花への批判を煽ったとみた人がいたようです。

出演者のSNSのコメント欄には「あなたの発言も花さんを苦しめていた」などの声が数百件寄せられたと言います。

しかし、誹謗中傷で亡くなった人を想いながら、別の人を誹謗中傷するなんて…

何だか辛い話ですよね。

テラスハウスの裏側は?出演者が明かす闇

また、木村花の訃報で、「テラスハウス」のようなリアル恋愛バラエティ番組の裏側がどんどん語られるように。

その裏側は闇が深いと話題です。

テラスハウス編集に意見するとクビ

「テラスハウス」に関して、元出演者の証言をご覧下さい。

「編集による見え方についてよく制作側に意見して、理解してもらっていた。だけど、そういう人はすぐ卒業になった」

映像って編集によって大きく歪めることができますよね。

例えば、10個良い感想、2個悪い感想を話すとすると、制作側では面白おかしな内容がほしいため、2個言った悪い感想のみを採用し編集…

これを見た視聴者は悪い意見しか言わなかったと誤解する…こういったやり方ですね。

「テラスハウス」でも出演者が仲良しの場面も多くあったのに、それは使用されず、少しギクシャクした部分だけが使用されるということがあったみたい。

編集に意見した人がクビになるところを見ていたら、自然と何も言えない状況になってしまいますよね…

出演者も編集に悪意があったと指摘

現役出演者であった会社経営の新野俊幸も、自身のSNSで編集に不満があったことをツイートとしていました。

スタッフによる指示はなかったとしていますが、やはり編集で歪められていた部分はあったんですね~

まぁテレビ番組ですから、それが当たり前でもあるのですが。

視聴者のリテラシーが求められますね。

テラハ系番組元出演者による経験談も

誹謗中傷を受けた経験のある他のリアル恋愛バラエティ番組の元出演者もその裏側について語りました。

その元出演者はアンチから攻撃を受けていた際のことをこのようにコメントしました。

「スタッフさんから何か対策をアドバイスしてもらったり、ということはなくて、完全に出演者任せ。相談にも乗ってくれません。私たちがすごく苦しんだり困っていても、見て見ぬふりをするスタッフさんたちを見て、この人たちにとっては“アンチもファンも一緒”なんだって」(Aさん)

つまり、番組側からのフォローは一切なかったということでしょう。

「テラスハウス」がどうだったのかはわかっていませんが、木村花が見放されてしまっていた可能性も大いに考えられます…

1人でアンチと戦っていたと思うと、どれだけ辛かったことでしょう…

まとめ

今回は「テラスハウス」出演者の木村花の事件について、ご紹介しました。

木村花の死去を受けて今シーズンの「テラスハウス」は打ち切りに。

今後も復活することはないように思います…

ネット上の誹謗中傷で起きてしまった悲しい事件。

第2の木村花が出ないように、SNSのきちんとした利用方法について各々が考えていかないといけませんね。

ページトップへ