ジョシーリサール(鉄拳7)はかわいいと評判もフィリピンからは批判

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョシー・リサール


バンダイナムコエンターテインメントが開発・販売している大人気格闘ゲームの『鉄拳』。

アーケードの3D格闘ゲームとしては、世界的に有名なタイトルといえる『鉄拳』が、このジャンルを広げたといっても過言ではないでしょう。

そんな鉄拳は、『鉄拳7』が最新作として発売され、店舗間のオンライン対戦など、多くの要素が追加されました。

追加要素としても話題になったのは、新キャラクターであるジョシー・リサール。

なんでも、この可愛らしいキャラクターが、フィリピンでひと悶着あったそうで…。

当記事では、『鉄拳7』に登場するジョシー・リサールとフィリピンを巡る関係を紹介していきます。

[adsense]

『鉄拳7』のジョシー・リサール

まずは、『鉄拳7』で登場するジョシー・リサールについて紹介します。

ジョシー・リサールのプロフィールは以下の通り。

国籍 フィリピン
格闘スタイル エスクリマをベースとしたキックボクシング

ジョシー・リサールは、格闘家でありながら、モデルとしても活躍している異色のキャラクターとなっています。

性格は明るいのですが、泣き虫な一面もあり、勝つと泣いてしまったり、戦闘前に緊張で震えてしまうことも。

もともと、ジョシー・リサールは格闘技ファンの両親の間で生まれ育ち、両親のしつこい勧めで、嫌々格闘技を習っていました。

その後、一流のキックボクサーとなったジョシー・リサールは、モデルや格闘家として生活していましたが、故郷に台風が上陸、甚大な被害に遭ってしまいます。

この時、鉄拳衆が駆けつけてくれた経験があり、これをきっかけに、鉄拳衆の採用試験に参加していくこととなるのです。

 

ちなみに、ジョシー・リサールのキャラクターデザインは『ベヨネッタ』などで有名な島崎麻里さんが担当。

1 2 3 4
ページトップへ