光宗薫が現在太った理由はAKB48脱退?かわいいと評判の画像を紹介

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
光宗薫


当時、光宗薫さん自身、AKB48メンバーとしての志やモチベーションが低下気味で、反比例するように他のメディアで活躍するシーンが増えていきました。

そして、島崎遥香や松井珠理奈のような可愛らしさや無邪気さという部分が光宗薫さんには少なく、どちらかといえば「美女」というような容貌、スタイルだったことなどが重なり、AKB48のファン層からかけ離れた結果、選抜入りどころか圏内(当時は64位)に入ることすら叶わなかったのです。

そのことに対して、責任を感じた光宗薫さんは、その後、精神的に病んでしまい、激痩せ、激太りを繰り返すようになります。

当然、急激な変化に身体がついてこれるはずもなく、体調不良をよく起こすようになり、度々参加するはずのイベントなどを休むようになりました。

それで、最終的にAKB48を脱退したと言われています。

もちろんこれは一部の話なので、本当に光宗薫さんが、AKB48時代のプレッシャーに心が押しつぶされたかどうかは分かりません。

しかし、光宗薫さんがモデルとして復活した『東京ランウェイ2014S/ S(2014年)』の出演時の会見では、「AKB48の質問が出たら即座に質問を打ち切ります」と関係者スタッフが強く警告していただけに、AKB48 の存在そのものが大きく影響していたことは間違いないようですね。

 

光宗薫がAKB48を脱退して変わったこととは?

光宗薫2

光宗薫

AKB48であることのプレッシャーがマイナスに働いてしまったのか、度々体調不良を起こしイベントを休みがちだった光宗薫さん。

光宗薫さんがAKB48を脱退し、しばらく休んだことで、体調は元に戻りだし、元気な姿をファンの前に見せ始めました。

光宗薫さんが何故激痩せ・激太りを繰り返した挙句に精神を病む結果になったのか!?

そもそも本当に多大なプレッシャーを感じて病んでしまったのか?

その謎は一切解明されること無く、まるで黒歴史のように、光宗薫さんにはAKB48のことには触れられないようになっています。

しかし、現在は一人のモデル・タレントとしてマルチに活動し、元気に多くのファンを魅了しているようです。

少し太ったことで、以前よりもふっくらして可愛らしくなったという評判も得られ、一部では激痩せ時代に心配していたけれど、健康で元気な姿が見られて安心したという人も…

光宗薫さんは事務所を『フレイヴ エンターテインメント』に移籍し、元気に伸び伸びと活動をされているみたいです。

もちろんAKB48時代が、全て悪かったというわけではなく、最初からマルチに活躍できるだけの才能を持っていた光宗薫さんにとって、単純にAKB48は向いていなかっただけの話だったと思います。

光宗薫さんは、元々モデルから芸能界をスタートしていたわけですし、アイドルではなく、モデル・タレント・女優としての活躍の場が、広がっていたわけですから、元々そちらの方が合っていたのでしょう。

 

太ったことがプラスに働いた光宗薫!

「光宗薫さんが太った!」として、奇跡の一枚とも言われる写真がネットに流れたため、現在、光宗薫さんはかなり注目されています。

それは、3月29日、彼女の公式Twitterに投稿された1枚の写真のことで、この写真は、東京・千駄木のかき氷店の日替わりメニュー『さつまいもクレームキャラメル』を食べている光景が映しだされた光宗薫さんの写真です。

光宗薫とかき氷

光宗薫と「さつまいもクレームキャラメル」

その写真を見ると、以前のげっそりした光宗薫さんではなく、何処かふっくらしていて非常に健康そうに美しく写っているのです。

とはいっても、元々30kgまで激痩せしていた光宗薫さんですから、太ったと言ってもだいたい40kg前後でしょう。ようやく通常のモデル体質に戻ったという感じだと思います。

しかし、そのことでかなり可愛らしくなり、どことなく醸しだされていた悲壮感のようなイメージが払拭され、ネットでもかなりの評判のようです。

そして、AKB48のプレッシャーに押しつぶされそうになっており、委縮していた光宗薫さんから別人のような堂々とした行動も取れるようになっているようです。

ダチョウ倶楽部の上島竜兵にイベントでキスを迫られたものの、逆にそのキスを迎え撃つような迫っていくポーズをとり、上島さんを黙らせてしまったという話も聞かれます。

もちろん上島さんも本気でキスを迫っていったわけではなく、キスを迫って断られるという一種のお笑い要素だったのですが、光宗薫さんが、そこを更に上を行くユーモアで返したものですから、上島さんはたじろいでしまい黙ってしまったのです。

AKB48時代に光宗薫さんもいろいろあったので、解放された現在は、精神的に一回りタフになったのかもしれませんね。

最近は特技の絵画の腕前を活かして、個展を開くなど、さらに活動の幅を増やし、ファンに愛される魅力あるタレントとして、今後もより注目されていくことでしょう。

1 2 3 4
ページトップへ