歓送迎会が盛り上がるおすすめ鉄板ゲーム(余興)を2つ紹介!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社員の名前を使う

ということです。

また、名前を呼ばれた人は、そこで簡単な自己紹介をする、というのもいいかもしれませんね!

この名前ビンゴの利点としては、ゲームを始める前にカードに名前を埋める際、相手の名前を聞くこともあり、さらに自分の名前も名乗るので、コミュニケーションをはかる事もでき、一石二鳥です。

とくに実力が必要なゲームというわけでもありません。

格差も生まれず、皆が楽しむことができるかと思います。

しかし、ただビンゴしても何もない…

というのは、結果的に楽しんでもらえないおそれもあります。

そこで、

何らかの景品を用意しておくといい

でしょう。

もしかすると、景品目当ての人が積極的に参加してくれるかもしれませんよ!

 

歓送迎会でのおすすめゲーム・余興に身内クイズ

 

歓送迎会に参加しているということは、すなわちその会社の社員であることを意味します。

つまり、

完全なる身内の場

ということになりますよね?

そこで、身内クイズを開いてみてはいかがでしょうか?

例えば、会社のルーツや豆知識など、社員しか知らないことをクイズにします。

これで新入社員にも会社のことを知ってもらえますし、社員の特技をクイズにして、

「○○さんは、△△を何回できるでしょうか!」

と、予め特技を披露してもらうことを連絡しておき、その場で特技を披露してもらう、という展開も盛り上がります。

また、社員のプロフィールの○×クイズというのも、お互いをよく知るためのコミュニケーションの場になりますし、面白いと思いますよ。

「正解数1位の人には景品です!」

と景品を用意しておくとよいですね。

最終目的は、社員同士のコミュニケーションを深めることです。

しかし、深く参加してもらうためには、景品の有無は大事な要素となりますよ。

 

まとめ

今回は歓送迎会の余興として、そして社員同士のコミュニケーションを深めるためのゲームを2つご紹介しました。

とくに新入社員からしてみれば、ほぼ相手全員が上司・先輩という場に参加しているわけですから、緊張しているのは当たり前。

そこで、新入社員が雰囲気に馴染んでリラックスするため、そして他の社員と仲良くなれるようにする、というのが、歓送迎会における余興・ゲームの一番の目的ではないでしょうか?

少しでも早く慣れて、仕事に取り組めるようにすることは、同じ部署のみなさんの為でもあり、ひいては会社のためにもなります。

歓送迎会を通じて、一緒に働く仲間の絆を深めていきましょう!

歓送迎会の記事はコチラも良く読まれています!

歓送迎会の幹事は乾杯の挨拶や席の順番を決めよう!事例を紹介!

歓送迎会の幹事の準備と当日の流れを紹介!段取りと挨拶が重要!

1 2 3
ページトップへ