小林誠司(巨人)の打撃や守備評価を考察!キャッチャー失格か?

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小林誠司


WBC日本代表の捕手に、まさかの小林誠司選手が選出!

これには、他球団ファンである筆者も驚いたのですが、どうやら巨人ファンからも非常に驚かれているのだとか…。

というのも、小林誠司選手は、巨人ファンの中からも、

「正捕手としてはちょっと…」

と、実力不足を指摘されているからです。

現在の巨人は、相川亮二選手は完全に代打ポジション、阿部慎之助選手はファーストへ完全コンバート。

現状、1軍キャッチャーを務められるのは、小林誠司選手と実松一成選手くらいではないかと思います。

巨人・高橋監督としては、2017年のシーズンは、23歳の若手・宇佐見真吾選手を鍛えていきたいと考えているそうですが…。

察するに小林誠司選手は、ファンからだけでなく、巨人の首脳陣からも、それほど信頼を得られていないということなのでしょうか?

そこで当記事では、巨人の小林誠司選手の評価について、調べてみようと思います。

[adsense]

小林誠司がWBC日本代表に!

2017年3月に、第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)が開催されますね。

その日本代表メンバーの中に、巨人の小林誠司選手が選ばれたことがわかりました。

これには、巨人ファンを含む、プロ野球ファンの多くが驚いたそうですよ。

もちろん、筆者も驚きましたし、同時に

『小久保監督は一体何を考えているのだろうか?』

と、彼の考えを疑ってしまったほどです。

小林誠司選手というと、多くのプロ野球ファンは、

「守備面には定評があるが、打撃は全くダメな選手」

というイメージがあるかと思います。

いわゆる、

控え捕手タイプ

の選手ですね。

基本的には、多くの人から、控えレベルの選手という評価を受けているのが、小林誠司選手なのです。

1 2 3 4
ページトップへ