宮田俊哉(キスマイ)はガチオタク!ラブライブの推しメンは誰?

Kis-My-Ft2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kis-My-Ft2

(北山さんも実は、結構な漫画好きというのは、内緒?)

追記

コアなファンなら

宮田俊哉さん=根っからのアニオタ

という印象を持たれていることと思います。

しかし、宮田俊哉さんのアニオタ特有の言動は、何もアニメに関することだけではなく、リアルな憧れの存在に対しては、『神!』と崇める言動も。

実は、先輩である稲垣吾郎さんから、彼の愛読書である絵本『馬のゴン太旅日記』をプレゼントされたことがあったらしいのです。

その世界観にハマってしまった宮田俊哉さんは、原作者の島崎保久さんを『神』と呼んでいるそうです。

人を『神』と呼ぶのは、若者特有の発想なのかもしれませんが、とくにアニオタの方たちは、見栄えの良い物や感動した物(人物なども含めて…)を『神』と尊敬を込めて呼んでいるみたいです。

このようなちょっとしたエピソードを垣間見ただけでも、宮田俊哉さんがどれだけのオタクなのかが分かります。

特異なキャラクターだけに、きっとバラエティ番組中心に需要は高いと思いますし、今後さらなる活躍も見れるのではないでしょうか。

 

キスマイ宮田俊哉のオタクぶりとは?

ラブライバーキスマイ宮田俊哉

さて、オタクを自称する宮田俊哉さんは、『ラブライブ』という”スクールアイドル”を目指す女の子達が主人公となる作品に激ハマりしています。

この作品を好きな人たちの総称を『ラブライバー』と呼びます。

そして、宮田俊哉さんも『ラブライバー』として、オタクの中でも一目置かれるほどの存在感です。

そんなキスマイ宮田俊哉さんは、好きな作品の聖地(その作品のゆかりの地のこと)を訪れたり、秋葉原に出没したり、アニメや声優さんのグッズなどを大量に購入したりなどしているそうです。

これまで一部では、宮田俊哉さんが人気を獲得したいが故に、

『ビジネスオタクでは?』

という声が挙がることも少なくなかったそうえすが、このオタクっぷりからも、

宮田俊哉さんのオタクはガチ

であることがみてとれます。

しかも、『コミックマーケット(通称:コミケ)』と呼ばれ、同人誌などを売っているアニメオタクが集まるイベントにプライベートで参加したこともあるらしいです。

また、宮田俊哉さんにとって、ラブライブ愛は特別のようで、猛吹雪の日に、ラブライブのコンサートに参加したことも。

その事をラジオで話すも、熱狂しすぎて、キスマイのペンライトなどをけなしてしまったエピソードもありました。

それで、横尾さんと二階堂さんに、ガチで怒られたこともあるみたいですね。

追記

実は、キスマイ宮田俊哉さんは、2016年3月に開催されたμ’sのファイナルライブ(東京ドーム)にお忍びで参戦。

しかし見事に他のファンに見つかり、宮田俊哉さんが写真を取られまくっていたために、マネージャーからも

ヲタ活自粛命令

が下ったそうです。

一人のオタクとして、μ’s(アニメ『ラブライブ』の中で結成されたアイドルグループ)のコンサートに参戦していただけなのに、ジャニーズアイドルという運命が、宮田俊哉さんのある種の自由を奪ってしまっているのかもしれないと考えると、少しかわいそうな気もしますね。

とはいえ、宮田俊哉さんはこれに懲りずに後日開催された水樹奈々さんのコンサートにもお忍びで参加していたそうです。

やはり、宮田俊哉さんからアニメを切り離すことなど不可能なのかも。

 

キスマイ宮田俊哉の『ラブライブ』の推しメンは誰?

園田海未

園田海未

以前に2回ほど、文化放送の『レコメン』というラジオ内で『ラブライブ特集』があったのですが、その時のゲストで呼ばれたのは、お笑い芸人『天津』の向さんと、キスマイ宮田俊哉さんでした。

その時の宮田俊哉さんのあまりのラブライブ好きに、向さんも思わず、舌を巻くほど。

アニメの中の長ゼリフを丸暗記したりなどは、同じくラブライブ好きのリスナーから賞賛の声も挙がったようです。

そんな宮田俊哉さんは、ラブライブの中でも、

大和撫子という言葉がぴったりの生徒会長キャラ『園田海未』ちゃん

をイチオシの推しメンです。

宮田俊哉さん曰く、弓道をたしなむ海未ちゃんがアニメ内で、『ラブアローシュート』という技を披露した際、的に命中したのをみて、

「俺のハートにも刺さった!」

と海未ちゃんへの愛を語っていました。

ラジオの中で、『海未ちゃんを好きだ』という男性リスナーを見つけると、

「俺のだから!」

と拒絶するなど、その愛はもはや行き過ぎと言えるほどです。

追記

すでにラブライブに登場するμ’sは解散しています。

現在もキスマイ宮田俊哉さんが園田海未推しなのかどうかまでは分かりません。

しかし、新たに展開されているラブライブシリーズ『ラブライブ!サンシャイン!!』の新ユニット『Aqours』の中では、

渡辺曜(声優・斉藤朱夏)推し

渡辺曜

渡辺曜

とのこと…

μ’sは解散してしまったものの、宮田俊哉さんの中ではラブライブ愛は永遠みたいです。

今後も新たな推しメンを含めて、アイドルでありながら一人のオタクとして、いろんなアニメキャラや声優さんたちを追いかけていくんだと思いますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

キスマイの宮田俊哉さんは、当初は事務所の指示により、『アニオタ』ということを隠していました。

しかし、ライブで一部の演出を宮田俊哉さんに任せてくれることになった時、

『自分らしさを出したい!』

そのチャンスだと思った宮田俊哉さんは、ここで思い切ってオタ芸を披露。

自身がオタクということをカミングアウトしました。

1 2 3 4
ページトップへ