太る原因とは?ダイエットで夜食が大丈夫な理由と食べる時間の関係

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太っている人


「こんな時間に食べると太るよ」

夜食を食べようと思った時、こんなことを言われた記憶はありませんか?

夜遅くなってのからの食事は、

太る

と言われていますよね。

では、どうして夜遅くの食事は太るのでしょうか。

この通説は、世間で広く伝わっているだけに、やはり夜食はできるだけ控えたい…。

ただ果たして、本当にそうなのでしょうか?

夜に食べることと、太ることとの因果関係がよく分かっていないまま、闇雲に信じていたように思います。

そこで当記事では、太る原因となる、食事と食事時間の関係について調べてみました。

[adsense]

夜食を食べると太る理由

ケーキを食べる女性

さて、まずは夜食を食べると太りやすい…

と、言われる理由について、見ていきましょう。

  • 午後6時以降になると身体の代謝が落ちてカロリーが消費されにくい
  • 午後10時以降はBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質が増え、脂肪をためるように身体に命令する

夜食を食べると太ると言われるのには、以上のような理由が挙げられます。

簡単に言ってしまえば、

朝食は、食べた後に活動することでカロリーが消費されます。

しかし、夜は代謝が落ちる分、消費されずに脂肪として吸収される

…と思っている方が多いということでしょうね。

この話は理にかなっていますし、身体がこういったサイクルとなっていることも間違っていません。

 

さて、ここで問題となるのは、この太る定説が本当なのかどうかです。

仮に本当なのだとすれば、

「飢餓に苦しむ地域の人々は、少しでも脂肪分をためようと、貴重な栄養分となる食事は夜に摂取するはずではないのか?」

「深夜に帰宅して、深夜にご飯を食べる人は全員太っているはずでは?」

という疑問が生まれてくるわけです。

1 2 3
ページトップへ