太る原因とは?ダイエットで夜食が大丈夫な理由と食べる時間の関係

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太っている人

というのです。

また、この他にも

  • 夜に多く食べた被験者は、朝に多く食べた被験者よりも体脂肪が減った
  • 肥満女性を対象に、食事をとる”時間帯と体重の変化”を調査した結果、肥満に影響を与える体内時計の変化はあまり見られなかった

という結果も出ています。

 

いずれにしても太る理由には、先ほど述べた総カロリー量の問題にたどり着くのではないでしょうか?

人間の身体には、エネルギー保存の法則が適用されます。

24時間のうち、寝る前に1回だけ大量に食べようとも、何回かに小分けして食べようとも、今の体型を維持するために必要なカロリー(維持カロリー)をオーバーしたら太りますし、下回れば痩せていきます。

確かに、食べる時間帯によって栄養吸収率が異なるというのは事実です。

しかし、これによる体重への影響は、ほぼないものと見て大丈夫でしょう。

もちろん、栄養吸収率が高くても、カロリーが不足していれば太りません。

栄養吸収率が低くても、食べ過ぎれば当然太ります。

ただ、1度にあまりにも多くの量を暴食してしまうと、多少は太りやすくなるのかもしれませんね。

なぜなら、消化器官への負担や限界というものがあるからです。

ラマダン中のイスラム教徒も、まさか日没後に3食分のカロリーを摂取するはずはないでしょう。

まぁそのあたりは、常識の範囲内で考えれば、わかることだと思いますが…。

結論としては、夜食が太ると言われている理由は、

普段、1日3食食べている人が、夜食として4食目を食べてしまうこと

ではないかというのが、筆者の答えです。

 

太るというのは、一定期間内に摂取したカロリーが身体の許容量をオーバーしてしまった際に起こります。

たまに1日だけ夜食を食べてしまったとしても、それ以降の食事を1割だけ減らす、というような工夫をすれば、夜食分がカバーできるのです。

仮に夜食として4食目を食べたとしても、その次の日にはお腹が膨れたと感じやすい食べ物を摂ることで、満腹感をコントロールすれば、後々太るという事態も防ぐことが可能になりますよ。

 

まとめ

調査をふまえて導き出した結論としては、夜に食べたから太るというわけではないようです!

夜遅く食べることが太ってしまう原因ではないのです。

朝・昼・夕としっかり食事をとった後、さらに夜中にも食べる、というのが太る原因と結びつくようですね。

よく耳にするダイエット方法では、

「夕飯を18時までに終える」

「朝食にカロリーの高いものを持ってくる」

などがあります。

しかし、筆者はこのようなダイエット方法は、あまり成果を出さないと感じています。

夕食を早めに食べた場合、食べ終わってから寝るまでの時間が長くなり、その間にお腹が空いてくるのではないでしょうか。

そして、普段しない4回目の食事をしてしまって、結果的に総カロリー量がオーバーすることになってしまうのです。

そのようなわけで、夕食を食べる時間を早めるのは、おすすめできません。

これからダイエットをしようと考えている方は、食事時間などを気にするより、まずは摂取カロリーを気にしてください。

何を食べて、それが何カロリーで、どのくらい食べた、ということを、メモしたり写メで残しておく。

自身の摂取カロリーを常に意識することが、ダイエットに繋がっていくのです。

辛い思いをしてダイエットしたのに、ほとんど効果がなく、

リバウンドで増量!

という悲しい事態にならないよう、無理のない方法で、ダイエットに取り組むことが、きっと良い結果に繋がるでしょう。

即効性を追い求めるよりも、ダイエットには長期的な取り組みが大切ですよ。

ダイエットの記事はこちらもよく読まれています!

磯山さやかが痩せた理由とダイエット方法は写真!現在の体重は?

ライザップトレーナー指導のダイエット方法とは?高額な費用も!

日ハム中田翔のダイエット方法と10キロも痩せた理由とは?

1 2 3
ページトップへ