石井慧の格闘技の現在までの戦績と妻・林明日香との離婚の理由原因

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石井慧


北京オリンピック柔道金メダリストの石井慧選手を覚えていますか?

かつては『本物の才能』を持っているといわれ、圧倒的な強さでオリンピック金メダルを獲得。

さらに金メダル獲得後は、総合格闘家へと転向し、IGF王者になるくらいの実力を持っています。

そんな石井慧選手ですが、ここ最近は、お嫁さんであった林明日香さんとの離婚。

つい先日、2016年12月16日には、キング・モー選手との試合で負けたりなど、全くいい話を聞きません。

そこで当記事では、石井慧選手がなぜ林明日香さんと離婚してしまったのか、また、現在の石井慧選手はどうしているのかなどを調べてみました!

[adsense]

石井慧がキング・モー戦で完敗…

石井慧

石井慧選手といえば、もともとは柔道の選手で、2008年の北京オリンピックの金メダリストという輝かしい成績を修めている方です。

しかし、オリンピック後の2008年10月に、突如格闘家へ転向。

当時は驚きのニュースになったわけですが、格闘家に転向し、はじめだけは目立ちましたが、以降はパッとしない成績で、石井慧選手は徐々に忘れ去られていきました。

やむなくなのか、柔道には2011年に復帰。

柔道は、石井慧選手の土俵でもありますから、アメリカ柔道連盟の全米体重別選手権のオープン参加クラスで、すべて一本勝ちして優勝ということもありました。

しかし、新ルールに適応できなかったことから反則負けを2回も喫し、2014年以降は、柔道家としても目立った活動をしていないみたいです。

格闘家としての最初の大きな試合は、2009年の大みそかに行われた、石井慧選手と同じく元オリンピック柔道金メダリストの吉田秀彦さんとの試合。

しかし、年齢が一回り以上も相手が年上にもかかわらず、石井慧選手は吉田英彦選手に判定負けを喫し、

1 2 3
ページトップへ