カップヌードル(日清)の謎肉の原材料とコロ・チャーとの違いとは

グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カップヌードル

ただ、通常の日清カップヌードルで『謎肉』が廃止されただけであり、

『KING』や『Light』、『スープヌードル』では、現在も『謎肉』が使われている

みたいですよ。

では、ここからが本題です。

そもそも、『謎肉』とは、一体どんな具材であり、原材料は何なのでしょうか?

 

日清カップヌードルの謎肉の正体・原材料は?

長らく、日清のカップヌードルに使われていた『謎肉』。

この『謎肉』とは、一体どんな具材なのでしょうか?

調べてみると、『謎肉』というのは、当たり前ですが俗称で、正式名称を、

『味付け豚ミンチ』

というのだそうです。

この『味付け豚ミンチ』とは、日清によれば、

「味付けした豚肉と野菜などをミンチ混合してフリーズドライ加工したものです」

とのこと。

つまり、『謎肉』とは、

肉だけではなく、野菜も入っていた

ということになりますよね。

あの『謎肉』に、野菜が入っている具材とはとても思えなかったのですが…。

フリーズドライ加工しているので、おそらくは、お湯をかけると味がしみ出して、肉だけでなく、野菜の風味を演出してくれるのでしょう。

こうして、日清のカップヌードルのあの味ができあがっていたわけです。

ちなみに、日清食品では、カップヌードルの味のバージョンアップを図り、

食感を良くするため

に2009年から『コロ・チャー』に変更されています。

では、この『コロ・チャー』とは、一体何なのでしょうか?

『コロ・チャー』とは、

『コロッとしたチャーシュー』の略

要するに、角切りチャーシューで、豚の旨みが詰まったジューシーさが魅力らしいですよ。

あるアンケートでは、『謎肉』の味が

『しょっぱすぎる』

という意見もあったらしく、それで現在の『コロ・チャー』の方が支持されている傾向のようです。

1 2 3
ページトップへ