マツコデラックスの人気とレギュラー本数急増はダイエットが理由?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツコデラックス

ちなみに、マツコさんの現在のレギュラー本数は、

  • テレビ(特番以外のバラエティ番組のみ)8本
  • ラジオ番組1本

の計9本。

これに特番やドラマ、テレビCMなどが入ると、結構な本数になります。

さらに、特番も含めて、明石家さんまさん(『ホンマでっかTV』で共演)、ビートたけしさん(ビートたけしのいかがなもの会(特番)で共演)、黒柳徹子さん(出張徹子の部屋(特番)で共演)など、大物芸能人とも多数共演するようになります。

まさに、マツコさんが売れっ子タレントとして、今後も活躍が期待されているのでしょうね。

果たして、あの毒舌キャラでどこまで飛躍していくのか、今後のマツコさんの動向に注目していきたいものです。

 

マツコ・デラックスの人気の理由や秘訣は?

マツコ・デラックスさんみたいに、巨漢で美しくもなく、性格も見方によってはすこぶる悪く、しゃべりでも悪態をつくなど、文章におこしてみると、

悪いところのオンパレード

のように見えるタレントが、何故、現在大人気タレントとしてブレイクしたのか。

きっと全く理解できない人もいるでしょう。

確かに、マツコ・デラックスさんは、偏った目で見てしまえば、そのように映っても仕方のないタイプのタレントです。

しかし、実際のところは義理堅く、自分に対してもある意味で厳しく、口が悪いながらも

正しいことはしっかり平等に評価してくれる

という一面があるのです。

その上で、面白いことも言えるタレントだからこそ、マツコ・デラックスさんは人気が高いのでしょう。

たとえば、AKB48をはじめとするアイドルメンバー達を強く否定することもありますが、それはあえてマツコ・デラックスさんがやっていることです。

その結果、アイドルである彼女たちは世間に注目され、大きく飛躍するきっかけなったとも言えます。

マツコ・デラックスさん自身、

テレビに救われた人生

を歩まれている人です。

テレビに対する恩義は相当あるらしく、自分が悪態をつくことで、

『かわいそう』

とアイドルたちにファンが注目し、脚光を浴びるきっかけ作りをしてくれているのです。

 

ただ悪態をつくだけでなく、その先までしっかり考えて話せるほど、頭のキレがあるマツコ・デラックスさん。

だからこそ、人生相談を希望する人が後を絶たないほどの人気タレントになっているのです。

そして何より、マツコさんの毒舌が世間に認められているのは、

贔屓していることがない

ということです。

多少は、かわいそうと思われて、注目されるように演出している部分もあります。

しかし、決して自分が優遇されるために贔屓していることはないです。

時折、自分のダメさ加減を自らぶった切ることもあるからこそ、分け隔てなく毒舌で切っていく爽快感が認められ、マツコさんの人気を生んでいるんでしょう。

近年は、口の悪さがブームということで、闇雲に誰かを誹謗中傷するタレント・評論家もいます。

彼らもマツコ・デラックスさんと同じくらいの人気があるかというと、決してそんなことはありません。

あえてここで名前は出しませんが、MC業などでも活躍されている某タレントさんに対しては、たしかに人気も高いようですが、それは一部に限られた話です。

かなり批判され、中には人格そのものを嫌っている人もいるそうです。

また、別のタレントさんは許しがたい毒舌を吐いたばっかりに芸能界を干されてしまったなんて話もちらほら…

毒舌ブームの火付け役でもある有吉弘行さんや、彼と共に『怒り新党』に出演し、毒舌キャラの一人として活躍されているマツコ・デラックスさんは、大御所であろうが誰であろうが、毒舌吐く時は徹底的に吐いています。

ただ誹謗中傷ではなくて、彼らなりの心配りや、本当に批判される場合もそれぞれの信念に基づいて吐いています。

だからこそ、視聴者は毒舌に爽快感を持ち、結果として、多くのファンから愛され、支持され続けているのだと思いますよ。

 

マツコ・デラックスのレギュラー増加の理由

マツコ・デラックスさんは、人気になったことで、一気にレギュラー本数を増やしていますよね。

ただ、これは単純に人気が高いからマツコ・デラックスさんを起用したという話だけではありません。

番組制作サイドとしても、文化人扱いできるマツコ・デラックスさんは、

ギャラが安く、ほぼ時間通りに司会進行してくれる

ことから、『とても重宝している』という裏事情もあってのことです。

先程もお話したとおり、テレビに恩義を持っているマツコ・デラックスさんです。

できる限りテレビに協力しようと考えているらしく、MCの仕事ぶりもその表れの一つみたい。

また、これまでは、太りすぎていて体力的にロケに出ることが難しく、複数のレギュラーを掛け持ちすることもできなかった背景がありました。

しかし近年、食欲が低下してダイエット成功したことで、マツコさんがロケにも出られるほどになったことから、レギュラー本数の増加に至ったようです。

体力的な問題や、テレビ局側の裏事情、世間の人気等が全てがうまくかみ合わさって、マツコ・デラックスさんのレギュラー本数が一気に増えていったということなのでしょう。

追記

マツコさんがレギュラー出演している金曜深夜のバラエティ番組『夜の街を徘徊する』(テレ朝系)では、なんと福山雅治さんと共演する機会があり、マツコさん自身、

1 2 3 4
ページトップへ