イニシエーションラブの映画と原作との違いは?ネタバレも!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イニシエーションラブ

『イニシエーションラブ』は、謎を全部解明してから、答え合わせのように観ても実に面白い作品です。

後ほど『イニシエーションラブ』のストーリーあらすじから結末までご紹介していきますが、どんな内容の映画なのか、ざっくり言うと、一見よくある人間の

三角関係

を軸に、どこにでもあるような恋愛の縺れを描いた作品となっています。

ただし、

最後の5分

で、とんでもない衝撃に遭遇してしまい、視聴者としては、少しパニックに陥るようなミステリー作品となっています。

本当にあとで映画を振り返ってみると、実に伏線だらけで、

『必ず騙される』

と宣伝までされているのに、その伏線に気づくことなく、最後まで通り過ぎていき、最後の最後で、とんでもないだまし討ちを受けてしまう…

普通、だまし討ちを受けたら、激怒したくなるものですが、ミステリーとして観る観ないに関わらず、『イニシエーションラブ』は誰もが騙されてしまうような作品です。

正直、ここまで気分爽快なだまし討ちは、観たことがないです。

少し大げさかもしれませんが、過去の映画作品(タイタニックやハリーポッターなどの洋画も含めて)を振り返ってみても、トップ5に入ると言ってもいいかもしれないですね。

『イニシエーションラブ』は、そんな作品ではありますが、筆者がそこまで思うようになったのは、最近、映画を振り返ってみてからです。

そもそもはじめに『イニシエーションラブ』の映画化の話を聞いて、どんな内容なのか原作をちらっと観たときも、こんな作品を実写映像化は無理と思っていました。

そして、初めて映画『イニシエーションラブ』を観た際も意味不明な映画として素通りしてしまいました。

おそらく賛否が真っ二つに分かれてしまう映画なんだと思います。

1 2 3 4
ページトップへ