イニシエーションラブの映画と原作との違いは?ネタバレも!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イニシエーションラブ

『クリスマスプレゼントに靴をプレゼント(しかもエアジョーダン)するのだろうか?』

と、ふと思ったのですが、これもあとになってみれば、その意味がよく分ります。

1987年2月4日、この日は

辰也の誕生日

で、繭子から誕生日プレゼントとして、この靴が贈られていたのです。

合コンがきっかけで辰也・夕樹の二人と恋をした繭子ならではの話とも言えます。

なによりも、このエアジョーダンを一つのきっかけに、筆者をはじめ観客の誰もが、2人がどういった人物と誤解してしまったわけですから、かなり手の込んだ伏線ですよね。

完全に騙されました。

物語冒頭で繭子がはめていたルビーの指輪は辰也の贈り物

SideAの冒頭シーン(合コンのシーン)の中で、男たちに

「彼氏に貰ったの?」

と、繭子がはめていた

ルビーの指輪

を指摘されていますが、実はその指摘通り、

辰也からのプレゼント

でした。

先程お話したエアジョーダンをプレゼントされたシーンの続きで、7月2日が繭子の誕生日。

7月の誕生石は、ルビーであることを告げながら、繭子が辰也に指輪をおねだりしていましたが、そのことを辰也は覚えていて、当日プレゼントしていたのです。

それをはめて合コンに出席していたというのが真相で、夕樹とのクリスマスデートで、さも指輪を失くしたかのように装っていましたが、実は

破局をきっかけに辰也に突き返していた

のです。

既に突き返していたわけですから、なくて当然ですよね。

繭子が夕樹をたっくんとあだ名で呼んだ理由

正直、この繭子が夕樹を『たっくん』とあだ名で呼びたいと言い出した時、筆者は、

『この娘、大丈夫?』

という印象が突き刺さりました。

確かに”夕”という漢字がカタカナの『タ』に見えると言われれば、その通りなんですが…。

だからといって、そのまま『たっくん』というのもおかしいです。

仮に、夕三とか、夕二などの他の名前だったら、どうするつもりだったのか…

実に違和感を覚えたシーンだったのですが、その背景には、二股を掛けていた辰也のことを『たっくん』と繭子が呼んでいたのです。

間違えて別の名前で呼んでしまい、二股がバレるのを避けようとしていたというのが、大きく絡んでいました。

事実、辰也は、繭子のことを間違えて『美弥子』と間違えてしまい、完全に破局してしまったわけですし、ふと寝言で二股している相手の名前を言ってしまうかもしれない…

そう考えれば、繭子が『たっくん』で彼氏の名前を統一しているのは頷ける話なのです。

8月26日の夕樹とのデートを繭子がキャンセルした理由

8月26日。

繭子が夕樹とデートの約束を体調不良でキャンセルするシーンがあるのですが、実はここも伏線でした。

実は、繭子がデートをキャンセルしたのは、便秘で体調不良を起こしていたからではなく、

当時、辰也との間の子供を妊娠していて、その日に堕ろすこととなった

そのために、デートに行けなくなってしまったのです。

子供を堕ろしたわけですから、体調だって崩れますし、とても夕樹に合わせる顔も無く、デートをキャンセルした繭子の気持ちもわからなくはないですよね。

二股が良いか悪いかは別としても、ちゃんと辰也が繭子を愛し、子供ができたと知らされたときも、結婚を約束して産ませてあげればよかったと思うのですが、それぞれの身勝手な事情が、それを許さなかったのでしょう。

クリスマスデートのホテルのキャンセルが出たのは辰也がキャンセルしたせい

クリスマスデートとして、ホテルを予約しようとした夕樹でしたが、ちょうどキャンセルが出たと言われ、繭子と二人で喜んでいましたよね。

それもそのはず。

実は、この日そのホテルを予約していたのは、

辰也と繭子

だったわけですから、破局を迎えてキャンセルされたのであれば、上手いタイミングで、キャンセルに遭遇するのも納得ですよね。

まぁ繭子にとっては相手の違いはありますが、デートに行く場所は変わっていなかったわけです。

繭子と夕樹の初めてのデートで着ていった繭子の服装は辰也から買ってもらった服

少し話が戻りますが、SideAで夕樹と繭子が、初めてデートするシーンがありましたよね。

このシーンで

繭子が着ていた服

に注目してみます。

その後、もう一人の鈴木辰也とのシーンを見ていただければ分かることですが、実は、辰也が買い物に付き合わされ、プレゼントした服を着て、彼女は夕樹とのデートをしていたわけです。

話の順序が逆に描かれていて、さらに主演の松田翔太さんが、30分過ぎまで登場せずに、さも昔の太った頃の彼と印象づけられていただけに、まさか別人とは思わないでしょう。

ただ、よく考えてみれば、実に奇妙な話ですよね。

もし、ストーリー通りの時間の流れなら、手に入っていないはずの服を着ているのもおかしいです。

冷静に考えれば分かる話ですが、まんまと騙されました…

以上が、映画『イニシエーションラブ』本編のネタバレです。

本当はもう少しネタバレがあるんですが、これ以上はキリがないので、残りは、是非映画を観てみてくださいね。

⇒イニシエーションラブのDVDをネットでレンタル!

映画に出演した亜蘭澄司(あらんすみし)の正体ネタバレ!

最後に一つだけ、本編と別件のネタバレをしておきます。

映画告知ポスターなどでは、

『亜蘭澄司(あらんすみし)』

という、謎のキャスト名が明かされていました。

みなさんもお察しの通り、こんな俳優は存在しておりません。

何を隠そう、この人物こそ、本編で、SideA・SideBそれぞれの鈴木が別人であることを隠すためのカモフラージュだったのです。

それに『アラン・スミシー』という名前を聞いたことがありますか?

実は、この名は、

ハリウッド映画界での隠語

で、何らかの理由でクレジットできなくなった映画監督が使用する架空の偽名なんだそうです。

実際に、映画『ガンファイターの最後』や、『ハートに火をつけてなど』でも見られた話で、ハリウッド通なら誰もが知っている名前なのです。

その名を、今回、『イニシエーションラブ』を撮った堤幸彦監督は、あえて漢字名義に変えて表記させたわけです。

ここもトリックのためとは言え、小憎いシャレの利いた演出ですよね。

ちなみに、この鈴木夕樹を演じた俳優は、予告編はおろか、舞台挨拶などの席にも一切出席しておりません。

CSチャンネルで初めてインタビューに出演されているくらいです。

それが初の表への露出であり、彼自身、出演したことを一切公表できず、完全に影に徹していたのです。

その俳優の名は、森田甘路さん。

森田甘路

森田甘路

実際にインタビュー映像を見てみましたが、彼自身、何かと評判になっている中、外に出ることが一切許されずに、半年間黙っていたことは、じれったくて、もどかしかったそうです。

俳優としてスクリーンに登場しているのに、それを公表できず影に徹しなければいけない…

それも、役を演じるために、わざわざ太って役作りまでして、大変な思いもしているのに、名前が明かされないのは非常に辛い話です。

しかし、これも彼にとっていい経験になったのかもしれませんね。

ちなみに森田さんは、過去にモテキ(森山未來さん演じる主人公の太っていた頃の役)や、TBSドラマ『私結婚できないんじゃなくてしないんです』でも、脇役として出演しています。

ほとんど、名前も知られていない俳優ですが、今後、色んな作品で、表舞台にしっかり出る形で活躍していってほしいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一見すると、ただの恋愛映画が、たったラスト5分で、壮大なミステリーへと変貌していきます。

そのために多くの観客が、『イニシエーションラブ』を1度観ただけでは、その世界観が理解できずに、

『あなたはきっと2回観る』

の宣伝文句通り、2回以上繰り返し見たくなってしまうのです。

結局、筆者は全部で4度『イニシエーションラブ』を観てしまいました。

それでも、それぞれの角度から観ているために、飽きることが無い、秀逸な映画として楽しめました。

きっと今後もなかなかめぐり逢えないタイプの映画と言えるでしょう。

まだ『イニシエーションラブ』を観ていない方は、一度DVDをレンタルしてみてください。

『あなたはきっと2回観る』の本当の意味を痛感させられ、良い意味で何度も期待を裏切られると思いますよ!

⇒イニシエーションラブのDVDをネットでレンタル!

1 2 3 4
ページトップへ