イニシエーションラブ映画版のキャストと感想!ネットの評判は?

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イニシエーションラブ

しかし、ラスト5分で全てが覆ります。

それも、『イニシエーションラブ』の映画公開前は、

『何故に前田敦子を起用した!』

と、バッシングの嵐にあった彼女。

ラスト5分で一気に評価が覆り、まるで手のひら返しを受けているかのように、彼女でなければあの演技はできなかった、と絶賛されていたのです。

それは、ネット掲示板での評価を見てもらえばすぐに分かることですが、観る方も演じる方も、『イニシエーションラブ』に関わる全ての人達が、ここまで見事に豹変してしまっている姿を見れば見るほど、この映画は唯一無二の存在だと、改めて気付かされたような気がした次第です。

そして、冒頭でも『イニシエーションラブ』が恋愛映画という風に見えたとお話しましたが、それは大きな誤解でした。

恋愛は恋愛でもミステリー作品であることが、分かるのです。

その時は、一瞬パニックになりながらも、全ての謎の真相が自分の中で繋がった(理解できた)瞬間、今まで体験したことのないような爽快感を得られます。

確かに、ミステリーといえば、事件ものが王道ですよね。

必ずと言っていい程、誰かがある事件の被害に遭い命を奪われていく、そして、その真相を解き明かしていく…

現在、放送中のドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』のように、『事件の謎解き=ミステリー』というのが常識とされているわけです。

それだけに、どう見ても、ラスト5分を観るまでは、ミステリー映画には見えないのです。

『イニシエーションラブ』は、ただありきたりな恋愛映画でつまらない…

筆者もそう感じていた一人でした。

しかし、たった5分のラストのためだけに、子供っぽいヒロインが、恋に恋するくどい恋愛映画を魅せていく…

1 2 3 4
ページトップへ