スターオーシャン5の評価レビューが悪い理由はバトルシステム?

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スターオーシャン5

さらに、非常に陳腐なものとなってしまい、後にご紹介しますが、

シリーズの黒歴史

と呼ばれるほどの汚点になってしまいました…。

 

豪華スタッフが手掛けた『スターオーシャン5』

so52

今回の『スターオーシャン5』には、従来シリーズの製作に携わってきた、熟練の開発スタッフが関わっていました。

本作のメインコンセプターには、『スターオーシャン』シリーズの生みの親でもあり、かの大作RPG『ヴァルキリープロファイル』のディレクターでもある、

五反田義治氏

を起用。

他にも、これまでスターオーシャンシリーズを築き上げてきた、

桜庭統氏(音楽)

小林秀一氏(プロデューサー)

などが集結し、『スターオーシャン5』の製作を進められてきました。

しかし、これ以上ないほどの豪華開発スタッフだったというのに、『スターオーシャン5』の内容は非常に陳腐で安っぽく、薄っぺらいものへ劣化…。

スターオーシャンシリーズのメインスタッフが集まっているのに、なぜこんなことになってしまったのでしょう?

本当に残念でなりません…。

 

スターオーシャン5のバトルシステムは『シームレスバトル』!

スターオーシャン5のシームレスバトル

スターオーシャン5のシームレスバトル

さて、評価レビューが悪い、酷評となっている『スターオーシャン5』。

バトルシステムが従来から変更となっています。

従来からのスターオーシャンシリーズの戦闘は、フィールド上にモンスターが徘徊しており、プレイヤーの操作するキャラクターが敵と接触すると、『別フィールドで戦闘開始!』というような流れでした。

1 2 3 4
ページトップへ