マリエ(モデル)の現在は?干された問題発言と6500万の借金地獄

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マリエ


が本格始動。

初めての商品はTシャツで、1枚13,800円という価格で、72枚の限定販売でしたが、わずか5分で完売。

上々の滑り出しとなりました。

さらに、2017年8月~9月は、全国をファッションバスで回るというツアーも開催。

9月以降は西日本を回るそうなので、予定をチェックし、気になった人は見に行ってみてはいかがですか?

 

ちなみに、昔は歯に衣着せぬ物言いで、自由奔放だったマリエさんは、性格も変わりました。

取引先との商談や、仕入れなどの電話対応も、当然ながら敬語を使うなど、昔からは想像もできない姿です。

ブランドの責任者になるわけですから、昔のように無責任な発言ばかりしていられないでしょう。

また、このほかにもラジオナビゲーターや専門学校講師を務めるなど、タレント時代からは考えられないほど落ち着いた女性になったように思います。

マリエさんの見た目もナチュラルメイクになっていますし、本当に、何度も言うように、昔からは想像できない姿…。

かなり生活は充実しているように思えますし、実際にファンからも、

「今のマリエの方が素敵!」

「マリエちゃん、職業美人って感じでかっこいい…」

「頑張ってる女性は輝いて見える!」

など、かなり賞賛されています。

30歳を迎え、まさに女盛りの時期に入ったマリエさん。

今後、マリエさんのファッション事業が軌道に乗り、デザイナーとしてさらなる活躍をすることを期待しましょう。

 

マリエの現在の収入は?

かつては、セレブタレントだったマリエさんですが、父が借金を抱えてしまい、テレビ露出も激減したことで、現在の収入がいくらぐらいなのか、気になるところですよね。

マリエさんによれば、デザイナーとしてのマリエさんの収入は、

「ぶっちゃけ全然儲かってないです」

とのことで、収支でどっこいどっこいといった状態。

「あの時、なんで貯金しておかなかったんだろう」

と、セレブタレントとして活躍していた時期に貯金しなかったことを後悔しているコメントもしていました。

一応、ラジオナビゲーターや専門学校講師としての収入があるので、そちらで事業を続けるための資金を確保しているとは思われます。

この話でわかるように、かつてのように年収何千万ということは、ないのではないかと思います。

 

思えば、マリエさんがここまで落ち着いた雰囲気の女性となれたのも、一度芸能界から干され(消され)、さらには父の事業が失敗。

多額の借金を抱えるようになってしまったことが大きく影響しているかもしれません。

まさに天狗の鼻を折られ、世間からは大バッシングされ、お金が溢れるほどあった時代から、借金を抱えるまでに突き落とされた…。

その経験こそが、かつての世間をなめていたかのようなマリエさんをここまで成長させたのだと思います。

 

まとめ

東日本大震災の支援者に対するコメントで大炎上し、芸能界からは干され、さらに父親が事業に失敗し、多額の借金を抱えるなど、まさに人生のどん底を経験したマリエさん。

しかし、マリエさんは現在、デザイナーとして、新たな人生を歩み始めました。

2017年6月には自身のブランド『PASCAL MARIE DESMARAIS』(パスカル・マリエ・デマレ)を立ち上げ、ようやく新たなスタート地点に立ちました。

世の中をあまり知らなかったというか、少し幼い考えを持っていた時代からは考えられないような、責任感ある女性へと成長したマリエさん。

彼女の今後の活躍が楽しみですね!

1 2 3
ページトップへ