島本真衣アナの離婚理由は旦那(小倉将信議員)のマザコンが原因?

アナウンサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
島本真衣

 

この気になる島本真衣アナの結婚相手は、現在、自民党衆議院議員として活動されている小倉将信議員…

父親が島本講平(元近鉄バッファローズ)さん、叔父が島本啓次郎(元巨人)と、それぞれプロ野球選手を身内に持ち、さらに政治家と結婚されていたというのですから、なんとも凄い家族になったわけです。

それにしても、島本真衣アナは、女子アナとして報道には携わってはいますが、それでも政治家との接点はあまり想像できません。

どのようにして小倉将信議員と結婚されたのでしょうか?

 

では、早速小倉将信議員の簡単なプロフィールを見ていきましょう。

小倉将信議員は、1981年5月30日生まれの現在35歳。

東大卒という学歴に元日本銀行に勤めていたという、まさにエリート中のエリート。

2009年に、オックスフォード大学で金融経済学修士号を取り、日本銀行に入社。

2011年の東日本大震災をきっかけに、

『この日本をなんとか変えないと…』

と考えるようになり政治家への道を目指し始めたそうです。

とはいっても、そんな都合よく国会議員(それも衆議院に…)なれるわけではありません。

衆議院は4年に1度(解散しない限り…)しか選挙がないわけです。

もし選挙で負けたら、しばらく無職状態が続くなんてこともあります。

小倉将信議員の場合、既に日銀を辞めて衆院選に立候補したわけですから、万が一にも選挙で負けてしまうと無職となってしまうのです。

そんなリスクを背負ってまで選挙に挑んでいるわけですから、

日本を政治で支えたい

と並々ならぬ想いだったのでしょう。

そんな小倉将信議員は、2012年12月の衆院選に初当選。

2014年の衆院選でも再選し、衆議院議員として、現在も政治家として活動されているのです。

1 2 3 4
ページトップへ