就活のやり方(方法)は?大学や合同・個別の会社説明会が重要!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活

という、企業選びの軸と調べ方のコツが見えてくるはずです。

要するに、最終的には、

企業の説明会(合同・個別どちらも)に参加すること!

これが大切になってきます。

就活の方法3 大学のイベントや就活支援課を活用!

大学生にとって、就活の最も心強い味方は、自身が通う大学です。

学生の就職率や就職先は、大学の評価に直結するため、大学側はできるかぎり学生の就職をバックアップしたいと考えています。

そのため、大学は積極的に利用していきましょう!

大学にキャリアセンターや就職担当課があれば、まず訪問。

過去の先輩の就活資料や、求人票を眺めてみるのもいいですね。

また、具体的な疑問点や何か不安があるのであれば、キャリアセンター職員に相談すれば、きっと親身になって答えてくれるはずです。

さらに、そこそこ大きい大学であれば、キャリアセンターや生協が主催する、

学内合同説明会

が開催されることもあります。

これは、外部で主催される合同説明会と違い、

  • 少なくともその大学卒業生を採用する意欲のある企業が集まる
  • 基本的に学内就活生限定なので、外部に比べると参加人数が少ない
  • 私服OKな場合が多く、通いなれたキャンパス内で気軽に参加できる

というメリットがあります。

学内でこういった就活イベントが開催されることは、非常に大きなアドバンテージと言えます。

ぜひ積極的に参加するようにしましょう!

 

【大学生の就活のやり方・方法】早めの行動と前準備!

サラリーマン

いずれにしても、

就活は早めに動き始めること

が大切です。

また、早めに動き始めるという意味では、就活の前準備があります。

この前準備を年明けになってからスタートさせるのは、遅いとも言えます。

就活そのものを始めるのは、年明けからでも構わないのですが、

  • どの業界に就きたいか
  • その業界の知識をしっかり得たか
  • 自分の強み・弱みを理解できているか

などは、就活をする上で欠かせない要素となっています。

これらの就活前準備については、

大学3年生の頃には始めておく

必要があります。

大学生は、4年生でもまだ卒業論文などが大事なことが残っています。

1年間を就活だけという人はあまり多くありません。

せめて、自分の希望する業界くらいは絞っておいたり、面接に必要な自己分析といった前準備は、事前に終えておきたいですね。

何事も、備えは大切!

ということです。

 

まとめ

2017年卒の大学生から、就活のスケジュールに変更がありました。

しかし、基本的な就活の進め方や、やり方・方法はこれまでの就活と大きくは変わりません。

ただし、合同説明会や選考のスパンは短くなっており、これまでよりも迅速に行動することが求められています。

本記事で紹介した、インターネットや大学のキャリアサポートを駆使し、自分の納得できる就活ができるように行動しましょう!

就活の記事はコチラも良く読まれています!

就活の面接で印象の良いマナーを3点チェック!お礼メールは必要?

就活の面接対策!質問と逆質問のおすすめ回答例を4点紹介!

就活でイケメンはデメリット?面接で印象が悪い理由と対策を紹介!

1 2 3
ページトップへ