就活の面接対策!長所(自己PR)と志望動機の回答例と考え方を紹介

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活

 

就活の面接対策!志望動機の回答例

誇らしげなサラリーマン

就活における面接で、もう一つ聞かれやすい質問があります。

それが、

「志望動機を教えてください」

「弊社に入社してからどのような仕事がしたいですか?」

といった、入社を希望する動機についての質問です。

志望動機というのは、面接対策をする際、誰もが最初に押さえておこうと考える質問ですよね。

ただ、それだけメジャーな質問であるにもかかわらず、

「どうしたらいいんだろう?」

と、迷ってしまう人がいるというのは、それだけ、志望動機が難しい質問である証拠でもあります。

自分のやりたい仕事や業界であるならまだしも、そこまで強く志望していない企業を相手にしている場合に、

「大手だからです!」

「お金が稼ぎたいんです!」

なんて、口が裂けても言えません。

結論から言ってしまうと、実は、志望動機の質問も、自己PRと同じです。

就活生のことを聞いているというよりは、

志望企業や業界を、どれくらい詳しく認識しているか?

ということを、面接官は聞いているのです。

つまり、志望動機自体は、正直なところ、どうでもいいのです。

ここはいったん視点を変えて、

選考を受ける企業

について調べ直してみましょう。

どんな企業であっても、同業他社との差別化を図るため、

独自の戦略や特徴を持ち合わせている

はずです。

とにかく、そういった

志望先の企業しか持っていない良い点

を挙げて、その情報を、志望動機に盛り込みます。

簡単な例であれば

  • 海外展開を積極的におこなっており、自分も海外で活躍したかったから
  • 研究開発に多くの投資をしているので、そんな環境下で新しいものづくりに携わりたい
  • 他社にはない視点で商品企画をおこなっており、自分もアイデアマンとして活躍したい

といった志望動機ですね。

志望動機と聞くと、どうしても、

自分がしたいこと

という自分中心の意見を考えてしまいがちです。

しかし、企業が知りたいのは、

「どうしてウチじゃないと駄目なの?他でもいいよね?」

「どうしてウチに入りたいの?」

という点です。

志望動機を聞くというのは、ある意味、志望先の会社の認識度を試そうとしているわけですね。

そのため、

志望動機は論理的に述べる必要がある

ということを、覚えておきましょう。

 

まとめ

就活の面接における自身の長所と志望動機という2つの質問について、その答え方を紹介しました。

よく言われていることではありますが、いずれの質問であっても、

面接を受ける前の自己分析と企業研究

は、最も強力な武器となります。

当記事を参考にしていただき、誰にも負けない長所と志望動機をアピールしてみてください。

みなさんの就活が成功することを祈っていますね!

就活の記事はコチラも良く読まれています!

就活の面接で印象の良いマナーを3点チェック!お礼メールは必要?

就活でイケメンはデメリット?面接で印象が悪い理由と対策を紹介!

就活の面接対策!質問と逆質問のおすすめ回答例を4点紹介!

1 2 3
ページトップへ