丸山泰資(中日)の出身高校や身長を紹介!大学時代に完全試合の実績

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山泰資

甲子園という夢を果たせずに、丸山泰資投手の高校生活は幕を閉じたのです。

その後、丸山泰資投手は東海大へ進学。

2年生の頃には3勝を挙げ、東海大の全勝優勝に貢献

しました。

また、先発に転向した3年生の春には、ベストナインを受賞!

この3年生の時に、後述の

完全試合

を達成するのです。

この完全試合後、少しずつ注目されるようになった丸山泰資投手は、2016年のドラフト上位候補とも言われていました。

しかし、4年生という大事な時期に、

丸山泰資投手は肩を怪我!

これによって投球フォームが不安定に…。

結果、評価を落とすこととなってしまい、中日がドラフト下位となる6位で指名することで、丸山泰資投手は、プロ野球選手への道を進むこととなったのです。

ただ中日は、丸山泰資投手を6位指名という下位での指名にはしたものの、東邦高校時代から追いかけ続け、

「丸山が6位まで残っていたのは大きかった」

と評価しています。

また、2016年のドラフトでは、5位で東邦高校の後輩・藤嶋健人投手も入団しています。

丸山泰資投手と藤嶋健人投手の東邦出身ルーキーコンビで、2017年の中日ドラゴンズを盛り上げてほしいですね!

 

丸山泰資の完全試合

丸山泰資投手が、野球ファンの間で有名となったのは、2015年5月3日の日体大戦のことではないでしょうか?

丸山泰資投手はなんと、この試合で、

完全試合

という偉業を達成しました。

東海大学では、上田次朗(元阪神)投手以来、46年ぶり2人目の快挙ということで、各スポーツ新聞のネットニュースでも、大きく取り上げられました。

完全試合とは、エラーなども含めて、相手に一つも塁に歩かせることなく、27人のバッターを全てアウトにすることです。

1 2 3
ページトップへ