コーヒーに病気の予防効果あり!1日3~4杯は健康に良い?悪い?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー


みなさん、コーヒーは好きですか?

『一日中コーヒーカップを手放せない!』

というほどコーヒーが好きな方も居れば、

『コーヒーなんて匂いを嗅ぐのも苦手』

という方もいるでしょう。

昔からコーヒーは、『身体に悪い』と言われてきた一方で、最近になって、『実は身体に良い』という研究結果も見られるようになってきました。

そこで今回は、東京大学の研究結果を紹介しながら、コーヒーが身体に良いのか悪いのか、その真相を探ってみます。

[adsense]

コーヒーは身体に悪い飲み物?

珈琲

コーヒーが好きな人は、一定数存在します。

朝食の時、お昼の休憩の時、夕方の仕事終わりに、コーヒーが好きな人は、どんな時でもコーヒーを飲んでいるものです。

今では、コンビニで簡単に淹れたてのコーヒーを購入できる『セブンカフェ』などのサービスも登場したこともあって、ますますコーヒーは身近な飲み物になってきています。

一方で、コーヒーは昔からあまり身体に良くない飲み物として、

タバコと同じような害の有る嗜好品

と思われていました。

『コーヒーが身体に良くない』と思われる影響の代表例がカフェイン中毒です。

きっとコーヒーに縁の無い方でも耳にした事はあるかと思います。

カフェイン中毒とは、

カフェインを多く含むコーヒーを飲むと気分が落ち着き、しばらくコーヒーを飲まないと、頭痛や吐き気といった禁断症状に見舞われる

といった症状を引き起こすもの。

一日に、たくさんのコーヒーを飲んで、カフェインを大量摂取している人が陥ってしまうコーヒー依存症のことです。

他にも、

  • 胃に悪い
  • 肝臓に負担がかかる
  • 肌荒れが起こる
  • 寿命が縮まる

といった、中には科学的根拠に欠ける誤解のような認識もありました。

1 2 3
ページトップへ