俳優の出演料(ギャラ)ランキングを紹介!1位はドラマ1話でいくら?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
玉山鉄二

誰もが気になるドラマ出演料(ギャラ)ランキング1位(1時間あたりの…)は、

渡辺謙さんの500万(2015年)

渡辺謙

渡辺謙さんの場合、ドラマと言うより、ハリウッド映画での出演料(ギャラ)が、とても高額みたいなので、それが影響してほかの出演料(ギャラ)も高額になっているそうです。

ちなみに一部では、渡辺謙さんの1話辺りの出演料(ギャラ)が1000万円という話もありましたね。

いずれにしても、

『とても連ドラではコストがかかりすぎて起用できない』

ということらしく、最近の渡辺謙さんは

特別出演・スペシャルドラマ

という形で起用されることが多いみたいですね。

ただ、これはあくまで噂レベルであり、渡辺謙さん本人が公表しているわけでありません。

もしこの話が本当だとしたら、このご時世の中で、渡辺謙さんが今後、連ドラ出演するのは難しいかもしれませんね。

渡辺謙さんの今後は、それだけの出演料(ギャラ)を支払うことが可能なハリウッドを中心に活躍していくのでしょう。

追加情報

なお、2016年におけるギャラランキング1位は、

水谷豊さんの350万円『相棒15』

やはり大御所となると、それだけ出演料(ギャラ)も高額になっていくということなのでしょう。

ちなみに『相棒15』は、最高視聴率17.3%、最低視聴率12.9%と安定した結果を出しています。

その主演を水谷さんが務めているわけですから、これくらいの出演料(ギャラ)は貰って当然といったところなのでしょう。

 

俳優の出演料(ギャラ)ランキング上位者は誰?

それでは、その他の出演料(ギャラ)ランキングの上位には誰がランクインしているのでしょうか?

2015年の俳優の出演料(ギャラ)ランキングを見ていると、

2位は同額で役所広司さん、水谷豊さんの350万

4位は木村拓哉さん、福山雅治さん、佐藤浩市さん、織田裕二さんの300万

ただし、福山さんは2013年6月(ガリレオXX内海薫の最後の事件愚弄ぶ)以降ドラマ出演がありません。

織田さんに関しては、一時期ドラマ出演していない時期がありましたので、その事を考え、過去の実績を含めての300万。

現状における本当の意味での出演料(ギャラ)ランキング上位と言うと、個人的には木村拓哉さん、佐藤浩市さんが上位にあるでしょう。

追記情報

あくまで筆者が把握している中で、推測ながら2016年俳優出演料(ギャラ)ランキングを、追記情報として紹介していきます。

2016秋ドラマ出演料(ギャラ)ランキング

1位:水谷豊さん 350万円『相棒15』
2位:織田裕二さん 250万円『IQ246 ~華麗なる事件簿』
3位:小泉孝太郎さん230万円『Chef~三ツ星の給食~』
4位:唐沢寿明さん 220万円『THE LAST COP/ラストコップ』
5位:反町隆史さん 200万円『相棒15』
6位:松岡昌宏さん 170万円『家政夫のミタゾノ』
7位:沢村一樹さん 150万円『レンタル救世主』
同7位:ディーン・フジオカさん 150万円『IQ246 ~華麗なる事件簿~』
9位:山田涼介さん 140万円『カインとアベル』
10位:星野源さん 120万『逃げるは恥だが役に立つ』

以上が、筆者の把握している2016秋ドラマ出演者の出演料(ギャラ)ランキングです。

ちなみに春ドラマ・夏ドラマのドラマ出演者のギャラは不明です。

高良健吾さん、坂口健太郎さん(共に『いつ恋』出演)、松本潤さん(『99.9』出演、噂では160万円という話もありますが、確証はなし…)、工藤阿須加さん(『家売るオンナ』出演)などのギャラは分かっていません。

また、出演料(ギャラ)が分かり次第、随時追記させていただきたいと思います。

 

まとめ

結論から言って、ドラマ出演者の一部のギャラしか分かっていません。

そもそもギャラに関しては公表されていない話なので、これは仕方がないところです。

それでも、『相棒15』のように視聴率を安定的に取れるドラマ出演者は、しっかりギャラを貰えているということが、今回の調査で分かりました。

どうやら好感度や視聴率が、そのままギャラに直結しているわけではないのですが、結果が嘘を付いていないということも事実と言えるでしょう。

それだけに、ディーン・フジオカさんのように、ブレイクしていく今旬俳優がこの中に割って入り、躍進を遂げていくことを期待したいですね!

ギャラの記事はコチラもよく読まれています!

女優のギャラランキングトップは米倉・綾瀬、シャーロットは破格

1 2 3 4
ページトップへ