ウィッチャー3のPC日本語版動作スペックをチェック!表現規制は?

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィッチャー3

が採用されたことです。

オープンワールドとは、RPGの舞台となるフィールドが、ストーリーを辿る一本道ではなく、プレイヤーが縦横無尽に冒険できるようになっているシステムのことです。

オープンワールドを採用しているRPGの代表例としては、同じくファンタジーRPGである『スカイリム』が有名ですね。

近年は、ゲーム機の性能が向上してきたことから、細部までフィールドを作り込んだ上でオープンワールドが採用されています。

プレイヤー操作の自由度を引き上げることが、RPGの主流となってきているのです。

さらにゲーム内容としては、『ウィッチャー3』の

メインクエストは50時間以上、サブクエストも50時間以上

という、従来シリーズをはるかに上回るボリュームとなっています。

さきほど挙げた『スカイリム』に匹敵するレベルと言えるでしょう。

これまでの独特なダークファンタジーの世界観を、『ウィッチャー3』ではオープンワールドで楽しめるという点に、シリーズファンからは大きな人気が寄せられているのです。!

また、もう一つ人気なのが、日本語版のローカライズ(翻訳・吹き替え)です。

『ウィッチャー3』日本語版では、50名を超える声優陣がゲームの日本語吹き替えを担当しているのです。

発売元であるスパイクチュンソフトの『ウィッチャー3』に対するローカライズの力の入れ具合がわかります。

そのため、これまで外国のゲームに興味がなかったユーザーであっても、日本語字幕・吹き替え版を購入することで、日本のゲームと同じように『ウィッチャー3』を楽しむことができるでしょう!

 

『ウィッチャー3』の動作に必要なPCスペックは?

パソコン

さて、コアなゲーマーの方であれば、『ウィッチャー3』も今まで通りPC版を購入しようと考えているはずです。

1 2 3 4
ページトップへ