ドラクエ8リメイク(3DS)のキャラクター声優紹介!ネットの評判は?

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラクエ8

トロデ役は、岩崎ひろしさんが担当するようです。

これまでに担当した有名どころの役では、『NARUTO』の砂の守鶴役や『スマイルプリキュア!』の敵、アカオーニ役でしょうか。

岩崎ひろしさんは、もともとは俳優なので、舞台やテレビドラマで見かける方も多いかもしれませんね。

モリー:中田譲治

モリーと中田譲治

モリーと中田譲治

リメイク版『ドラクエ8』で新たに仲間として加入するモリー。

そんなモリーは、中田譲治さんが声を担当します。

中田譲治さんといえば渋い声に定評があり、『HELLSING』のアーカード役で有名ですよね。

モリー役として中田譲治さんを使うのは、かなり贅沢だと思いました。

ちなみに、アーケードゲームの『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』でモリーを担当されていたらしく、ヤンガス、ゼシカ同様に、そこからの続投という形になります。

ゲルダ:生天目仁美

ゲルダと生天目仁美

ゲルダと生天目仁美

こちらもリメイク版3DS『ドラクエ8』から、新たに仲間となるキャラクターのゲルダです。

その声を担当するのは生天目仁美さんに決定しました。

名字は、「なまてんもく」ではありませんよ。

生天目で、「なばため」と読みます。

スマイルプリキュア!』の主人公、相田マナ役や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の沙織・バジーナ役などで、超有名な声優です。

ドルマゲス:子安武人

ドルマゲスと子安武人

ドルマゲスと子安武人

主人公たちの因縁の敵であるドルマゲスは、人気声優の子安武人さんが担当するようです。

子安武人さんといえば、本当に悪役の声が似合うベテラン声優。

これまでに『∀ガンダム』のギム・ギンガナムや、『宇宙の騎士テッカマンブレード』のテッカマンエビルこと相羽シンヤ役などが、筆者の印象に残っています。

また、『楽しいムーミン一家』のスナフキン役や、『ボボボーボ・ボーボボ』のボーボボ役などでも有名で、誰もが一度は聞いたことのある声の方だと思います。

最近では、『ジョジョの奇妙な冒険』で、ディオ/DIO役を担当していましたね。

以上が、3DS版『ドラクエ8』のキャラクター声優になります。

筆者としては、

「なんて豪華なメンバーなんだ!」

と、思わず驚いてしまうほど。

人気上昇中の若手から、知る人ぞ知るベテランまで…。

これだけの有名声優を集めるあたりは、さすがはドラクエ、ひいてはスクウェア・エニックスです。

 

3DS版の『ドラクエ8』の評判は?

ドラクエ8

ドラクエ8

3DS版の『ドラクエ8』ですが、ゲームの評判はどうだったのでしょうか?

そこで、3DS版『ドラクエ8』の評判を調べるため、Amazonのレビューをいくつか参考にしてみることに…。

すると、おおむね高評価らしく、

「追加要素はリメイクらしく、少しにとどまり、かつ幅が広がったのがよいところ」

「声がついたのは新鮮でよかった!」

「当時を思い出しながらプレイできました」

など、リメイクで増えた要素については、好意的に受け止められていたようですね。

たとえば、錬金システム。

PS2版では、錬金システムを使用すると、アイテムが完成するまでに時間がかかっていました。

しかし、3DS版では、お金を払えばすぐ完成と、時間がかからなくなっているのです。

また、キャラクターのボイスが気にいらないという人も中にはいるでしょう。

そんな人のために、

キャラクターボイスのオンオフ機能

がついていることも、高評価につながっているみたいですね。

『せっかくボイスを実装したのだから、意地でも聞かせたい…』

もしかしたら、キャラクターボイスのオンオフ機能をつけないということもありえました。

しかし、どちらのプレイヤーも考慮し、オンオフでボイスを切り替えられるようにした開発には、ただただ頭が下がります。

とはいえ、3DS版の『ドラクエ8』が高評価ばかりだったわけではありません。

不満点もいくつかあったので、レビューの中で見かけた低評価部分も紹介していきます。

3DS版の『ドラクエ8』で評判が悪かったのは、3DSという、同世代のハードに比べてスペックが低い任天堂ハードならではの部分にありました。

とくに多かったのは、

グラフィックに粗さが目立つ

という点。

1 2 3 4
ページトップへ