銀の匙の休載理由は作者・荒川弘の家族が原因?連載再開を考察!

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銀の匙


週刊少年サンデーの人気漫画『銀の匙 Silver Spoon』(以下、『銀の匙』)。

2015年あたりから休載が増えはじめ、現在では、

長期休載→再開→数号後に長期休載

という状態を繰り返してしまっています。

一体、『銀の匙』作者の荒川弘先生になにがあったのでしょうか?

度重なる休載によって、ネットからは、悲しみの反応が数多く寄せられているようですが…。

そこで、人気漫画『銀の匙』の現時点での話の進み具合を踏まえつつ、

休載理由と荒川弘先生の現状、連載の再開時期など

についてお話していきましょう。

[adsense]

人気漫画『銀の匙』の休載理由は?

銀の匙

漫画『銀の匙』は、週刊少年サンデーで連載されている学園漫画作品です。

作者は、あの『ハガレン』こと『鋼の錬金術師』で有名な荒川弘先生。

この『銀の匙』は、北海道の農業高校を舞台にしたバラエティ漫画で、

酪農家の生まれであり、農業高校に通っていた作者・荒川弘先生の経験

を活かした漫画を描かれているみたいですね。

そんな『銀の匙』ですが、現在は連載が休載中です。

そして、休載と連載再開を繰り返している状態なのです。

そもそも、『銀の匙』は、

  • 荒川弘先生にとって、初めての週刊誌連載作品であること
  • 『銀の匙』の他にも『百姓貴族』を連載していたということ
  • 第二子・第三子の出産をしていること

などの理由から、ちらほらと休載自体はあったのです。

しかし、長期休載は珍しく、最初に『銀の匙』の長期休載となったのは、2014年のことでした。

この時は、

「このたび家族が体調をくずしてしまいまして、そちらの療養をサポートするため執筆ペースを調整することにしました」

という理由で、荒川弘先生は不定期連載を発表。

1 2 3 4
ページトップへ