視力回復の新技術?バイオニックレンズの効果とデメリットの存在

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目

という考え方ですね。

 

バイオニックレンズのメリットとは?

『バイオニックレンズ』は、眼球に対して直接手術をおこなう方法になりますが、それだけ聞くと、レーシック手術と似ているような気がします。

視力回復方法として、『バイオニックレンズ』がとくに優れている点は何なのでしょうか?

これは第一に、レーシック手術のように直接角膜に手を加えません。

よって、

痛みはほとんどない

ということです。

レーシック手術は、受けた人の4割が術後に

「目に激しい痛みを感じる」

などの違和感を訴えている調査結果もあります。

『バイオニックレンズ』には、そういった

後遺症のリスクが少ない

のかもしれません。

また、レーシック手術は、場合によっては術後に再び視力が低下してしまう恐れがあります。

一方で『バイオニックレンズ』では、

経年による視力の再低下も起こらない

とのこと。

さらに、レーシック手術が10~30分の時間がかかることに比べて、『バイオニックレンズ』の手術はわずか

8分

で終了します。

以上のように、レーシック手術よりも目に対する負担が少ないことが、『バイオニックレンズ』のメリットのようです。

現在は、まだ遠視や白内障の治療の開発しか進んでいませんが、今後、『バイオニックレンズ』が実用化となれば、日本人に多いとされる近視の治療への応用も期待できますね!

 

バイオニックレンズにかかる費用・料金は?

そんな最先端の医療を駆使した『バイオニックレンズ』ですが、いざ手術を受けると、どれくらいの費用・料金になるのか、気になりますよね?

ただ残念ながら、まだ『バイオニックレンズ』は開発中です。

そもそも実用化していないことから、費用や料金を語る以前の問題です。

1 2 3
ページトップへ