川島永嗣の海外チーム退団・移籍を繰り返す本当の理由とは?

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川島永嗣


川島永嗣選手は、ベルギーリーグ1部スタンダール・リエージュから去った後、スコットランドのダンディー・ユナイテッドへ移籍。

さらにその後、フランスのFCメスに移籍しました。

毎年のような頻繁な移籍が、いったいどのような理由によるものなのか、疑問を抱く方も多いかと思います。

そこで本記事で、今後ヨーロッパのクラブが抱えていく問題も含めて、退団の理由や川島永嗣選手の今後の動向を探っていきます。

[adsense]

川島永嗣のスタンダール退団

川島永嗣

日本代表GKで、ベルギーリーグ1部のスタンダール・リエージュに所属していた川島永嗣選手。

その退団の理由は、

『新たなチャレンジをするため』

『ちょうど契約満了すること』

だそうです。

川島永嗣選手は、『川崎フロンターレ』から、『リールセ』を経由して『スタンダール・リエージュ』へ移籍しました。

移籍1年目からリーグ戦全試合に出場するなど、チームでも大活躍されていた選手です。

かつては日本代表のゴールマウスを護る守護神としても、大活躍し続けているGKでした。

とくにベルギーリーグに移籍してからは、川島永嗣選手自身が大きく刺激を受けていたのか、日本代表として試合に出場した際には、数々のビッグセーブも見せてくれていました。

そこでは、本当の意味で日本の守護神として成長している印象も受けました。

しかし、スタンダール・リエージュでの2015年シーズンは、試合への出場機会にあまり恵まれていない様子。

そこで新たなチャレンジをするために、川島永嗣選手は他の欧州クラブへの移籍先を求めました。

これが2015年のスコットランドのダンディー・ユナイテッド移籍、さらにはフランスのFCメス移籍に繋がることとなったのです。

川島永嗣の退団の本当の理由

実は、川島永嗣選手が、スタンダール・リエージュを退団する理由は、ただ『出場機会に恵まれなくなった』という理由だけではなかったそうです。

1 2 3 4
ページトップへ