ボーナス(賞与)2017夏の使い道!トヨタや公務員の金額はいくら?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーナス

中小企業で若干の上昇が見られる

民間企業では、そのような結果が出ていると考えられますね。

 

では次に、公務員のボーナス(賞与)はどうなのでしょうか?

公務員の2017年の夏のボーナス(賞与)は、こちらも上昇の見込みらしく、実現すれば4年連続での上昇ということになります。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングのリサーチ結果では、

国家公務員が64万1,926円(前年比1.9%アップ)

みずほ総合研究所のリサーチ結果では、

国と地方公務員が71万1,475円(前年比2.5%アップ)

になるとのこと。

また、公務員のボーナス(賞与)増加により、恩恵を受ける人たちもいますね。

それは私立校の教員など、公務員の給与が基準となる職業の人たち。

彼らも、国家・地方公務員と同じくボーナス(賞与)の上昇が見込まれるでしょう。

また、2017年の夏のボーナス(賞与)は、支給対象者も増えている傾向にあるとわかりました。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングも、みずほ総合研究所も、どちらの結果でも、

1人あたりの支給額が1%程度しかアップしていないのに対し、ボーナス(賞与)支給総額は4%程度アップしている

のです。

非正規雇用の待遇改善が、この数値に表れていると見ていいでしょう。

 

2017年の夏のボーナス(賞与)の使い道は?

では、もらった夏のボーナス(賞与)は、どのように使うのでしょうか?

やはり、何か高額なモノを奮発する人が多いのでしょうか?

そこで、マイナビが2017年5月に実施した、

『2017年夏のボーナス(賞与)の使い道』

のアンケートの結果を見てみましょう。

2017年夏のボーナス(賞与)の使い道ランキング

第1位:貯金(51.8%)

1 2 3
ページトップへ